熟女と無料で出会い、もっと愛そう!

  • 投稿日:
  • by

日本の男性にモノ申す!「熟女」をもっと愛そう!
日本人男性は、年下女性やほんわかした雰囲気の子柄の女性、つまり「ぶりっこ」みたいな女性を好きになる傾向があります。
その点女性も、そういった好みの男性が多いことはわかっていますから、あからさまに「ぶりっこ」をきめていることがいます。
わざと舌たらずだったり、甘えてみたり...。そんな「ぶりっこ大国」日本ですが、熟女が大好き!という男性も沢山いらっしゃいます。
まず熟女と聞いてイメージする「ひっぱってってくれる!」「頼りがいがある!」というイメージ。もともと肝が据わった生き物というのが女性ですから、そんな女性が先頭に立って自分を引っ張っていってくれる。
こんなにも頼りがいがあることはありません。男性は実は、守りたい!という欲求の中で同時に「守られたい」とも思う生き物なのです。次に「お姉さん的」イメージ。
これも前項のようですが、「包容力がある!」という気持ちから、男性の「守られたい」欲求を刺激することでしょう。なんでも許してくれる存在、それは母のようで、姉のようで、なんだか甘酸っぱい気分になりませんか?姉がいる方はなにかしら経験があると思います。そして時たまみせる、強さのなかの儚さ。「あ、やっぱり女性なんだな」というギャップがなんと、「守ってあげたい!」という男性の心に火を付けます。
そんな熟女女性、好きになってみませんか?無料熟女出会い

おばさんと認めてしまったら「おばさん」

  • 投稿日:
  • by

何歳からおばさんかと考えた時、当然のことながら自分でおばさんと認めてしまったら、何歳であってもおばさんです。ただ、これは自分で納得してのおばさんなので問題ありませんが、他人が「あなたは、おばさん」と決められた時、自分で納得できないこともあります。
おばさんというのは、子供から見てと、大人から見てというだけでも大きく判断が分かれます。子供の場合、たとえ20代でも友達の母親はおばさんになります。大人の場合なら、自分より年上の人をおばさんと思ってしまう人が多くいます。まったく自分が知らない人を判断する場合は、見た目が重視され、服装が地味、身だしなみを気にしないなど、マイナスイメージの印象を与えてしまうほど、おばさんと判断されてしまいます。
どこかの年齢で区切りをつけるなら、肉体的なことから考えれば30代、見た目や精神的な成熟度から考えれば40代あたりで、おばさんと言っていいのかもしれません。
しかし、既婚、未婚といったそれぞれの立場や見た目の印象、性格や生き方など、個人差が激しいため、年齢で区切りをつけるというのは、実際にはとても難しいことです。
おばさんという響きには、良い印象は少ないのかもしれません。とは言え、純粋に子供の目から見た場合、大人の女性がおばさんなのです。
自分がおばさんだと思っていなくても、子供から「おばさん」と呼ばれた時は、それを認めてあげるのが大人の対応と言えるでしょう。
005.jpg

おばさんと呼ばないで

  • 投稿日:
  • by

いつまでたっても身綺麗にしていて、20代にしか見えないって人いますよね。
心の中で「自分はおばさんではなくて、お姉さん。」と思う気持ちは大事かもしれません。
だけど、自称「お姉さん」というのが周りから見ていて違和感があるとき、それはもうおばさんだと思います。
例えば子供が産まれたとしましょう。最近では子供に友達ができると
「誰々ちゃんのお母さんとか
「誰々ちゃんママ」と呼ぶのが主流になっていますが、一昔前
「誰々ちゃんのおばちゃん」と呼んでいたのではないでしょうか。おばちゃんと言うのが失礼な流れはここ10~20年のことのようです。

想像してみてください。20代後半の人が子供を連れながら、よその子供が泣いている時に「どうしたの?お姉ちゃんにお話ししてごらん?」と言っていたらちょっと引きませんか?どんなに若く見えたとしても、子供がいる人が自称お姉さんは違和感があります。
「おばちゃんに話してごらん。」と言える人に共感を覚える方が多いのではないでしょうか。
周りから「まだおばちゃんじゃなくてお姉さんよ。」という反応はアリだと思いますが、自分から言ってしまうのは品がありません。

一方で子供がいない、身綺麗な女性であれば「お姉さんにお話ししてごらん。」は素敵に聞こえるかもしれません。自分に自信を持って過ごしている印象を受けます。

自分のことをさらりと「おばさん」と言える女性、素敵な女性だと思います。

出産してママになったら熟女かな

  • 投稿日:
  • by

私が勝手に思う事ですが、出産してママになったら絶対も熟女だと思います。
結婚してなくて子供も産んでない人なら30代に入ったら熟女だと思います。どんなに自分が若いと思っていても体は絶対に嘘はつかないと思ってるので。
実際子供を産む事を考えたら20代の子宮と30代の子宮は絶対に違うらしいので。それに10代うあ20代の時と全く同じ服装はできませんよねえ。
もししていたら多分回りからは冷たい視線が飛ぶだろうし。服を買うお店も少し落ち着いたお店になってくると思います。およお肌もしみやしわが気になり出すのもだいたい30代に入った頃だと聞きます。今までの様なケアでは次の日の化粧のりが悪いとか、今まで使っていた化粧品ではあまり合わなくなってきて、もう少し年齢に合った化粧品でないと駄目になってきたとか。もちろん気持ち的や見た目でまだまだ若い人は沢山いると思います。でもその人達も若くいたいために努力をしている人がほとんどだと思います。努力しているって事は実際の体内年齢や見た目は何もしなくても若さがある年齢ではなく、熟女なんだと思います。そういった努力をし出すのが30代になってから。
したがって熟女は30代に入ったらおばさん。

年齢と共に変わる「熟女」の基準について

  • 投稿日:
  • by

何歳から「熟女」なのか、という話は非常に難しい基準だと思います。
恐らく小さい頃に、あれぐらいからは熟女だなと思っていた年齢と、今大人になってから熟女と思う年齢は違うと思うからです。

今「美魔女」と呼ばれるような綺麗な大人の女性が増えてきています。60代でもとても元気な方が多くなってきました。
あまり動けない、老けて見える、肌の艶がなくなってきた事がおばさんの入り口であれば、かなり若い方が増えてきていると思います。

そして以前と比べると結婚する女性は減少し、子供を出産する年齢も徐々に高くなってきました。
結婚をする事、出産をして子供がいる事が熟女の基準とするならば、これもまた徐々に年齢が上がってきていると判断ができます。

少なくともこの結婚をして子供が生まれるというのは熟女と呼ばれる大きい基準になると思います。子供からしてみると、お母さんは「お姉さん」ではありません。
つまり、そのお母さんと同年代の方々はお姉さんではなく「熟女」と呼ぶ方が自然なのです。

今、出産年齢の全国平均は、30.4歳と言われています。
2011年から30代に突入致しました。これを基準に熟女と呼ばれるの年齢の基準を決めるのであれば、「約30歳を超えたら」と言ってもいいと思います。
そして出産を基準に「おばさん」を定義するのであれば、今後はもっとおばさんの基準が上がってくると考えられます。